タオルドライ

タオルドライ

髪を乾かす時に長時間ドライヤーの熱に曝す事は確かに髪の毛には良くありません。ですからなるべく短時間のドライヤーの使用時間にするために必要なのがタオルドライです。タオルを使って髪の毛の水分を取るときに一番注意すべきことは、髪の毛を擦らない、という事だと思います。簡単だと言えば簡単ですが、実際には擦って乾かす事がくせになってしまっている人も多いのではないでしょうか。手順としてはまず髪の毛の水分をタオルに移すような感じでふき取ります。ふき取ると言ってもタオルを左右に動かすのではなくて、タオルで髪の毛を抑え込む様な感じでタオルを使い、軽く髪の毛を挟んだタオルをたたく感じで水分を拭き取ります。これだけでも髪の毛のダメージが随分と違うと言われています。頭皮や生え際も部分の水分を取るときも同じです。決して擦らない事がとても大切です。頭皮の部分もタオルをあててタオルに水分をしみこませるようなイメージですね。実際にやってみるとそれだけでもこれまで以上に早く水分を取ることが出来ている事と思います。最近ではタオルドライ用に水分の吸収がとても良いタオルなども販売されていますから、使ってみるとよいですね。こうやってかなりの水分をあらかじめ取り除いておいてからドライヤーを使うと、かなりの短時間で髪の毛を乾かす事ができるようです。タオルドライをかなり念入りにすれば、そのあとは自然乾燥でも構わない、という説もあるようです。確かに夏場などはそれだけでも十分い乾いているかもしれませんね。ですがやはり完全に乾かそうとするならばドライヤーを使用する事になるでしょう。そこで気を付けなくてはならないのは温風の温度です。実は髪の毛を言うのはとても熱に弱いものです。そしてドライヤーによっては温風の出口の所では風の温度がかなり高温になっています。そんな温度の風を髪の毛に直接当ててしまう事は確かによくありません。ですからドライヤーの風は少し離れた所から髪の毛にあたるように調節するのが良いんですね。最低10センチは離して使った方が良いと言われています。そして風を当てる方向も上から下に向けて、と言われています。それはキューティクルの向きに沿って風を当てる方が良い、という事と、いくら毛先から乾かしても上の部分の水分が下に落ちてくるので先に頭頂部の方を乾かした方が良い、という事ですね。こういった事を守ってドライヤーを使用するのであれば、そんなに髪を傷める事はありません。最近はドライヤーの方も進化してきていて、髪の毛を傷めない事にポイントを置いたドライヤーも販売されている様です。柏にある美容院