大切なすすぎ

大切なすすぎ

頭皮をマッサージするようにシャンプーで洗ったらあとは髪の毛のシャンプーを洗い流せばよいですね。ですがここでまた大切なポイントがあって、この洗い流すプロセスがとても大切なんですね。なぜならここでシャンプー剤の洗い残しがあると、それがフケやかゆみの原因になるからです。おそらくこれまでは洗い流す目安は髪の毛にシャンプーが付いていない事を確認したら、とか、触ってみてシャンプーが残っていないと思ったら、という基準でいた人が多いと思うのですが、肝心なのは頭皮に残っていないかどうか、なんですね。想像するとすぐに判ると思うのですが、頭皮の部分と言うのは髪の毛の一番立て込んでいる根もとの部分ですから、当然シャンプーがいちばん残っている可能性が大きいところなんですね。この部分をしっかりと洗い流しておかないと、あとから頭皮トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。洗い流し方としてはシャワーを頭皮に充てる事を意識しならが、シャンプーをした時と同じように毛穴に入り込んだシャンプー剤を指で押し出すような感じで流すんですね。そこまでやってみると、おそらく洗い上がりのさっぱり感が違う、と感じるのではないでしょうか。よくシャンプーをする時にはすすぎが大切、とか、すすぐときには洗う時の倍ぐらいの時間をかけて、を言われていますが、すすぎ方にも注意が必要です。シャンプーをきちんとすれば美髪になれるのか、というとここで終わりではありません。もうひとつ大切な工程があります。それは髪の毛を乾かすと言うプロセスです。それはドライヤーをあてれば良いのでしょう?という人もいるかもしれませんが、実はここでも美髪になるための大切なポイントがあります。一般的に言われているのは濡れたまま放置しない、という事です。これは濡れた髪の毛やシャンプーで刺激を与えてしまった髪の毛はキューティクルが開きっぱなしになっています。この状態が長ければ長いほど髪の毛はとても無防備な状態にあると言えます。この状態では髪にダメージを与える可能性が高く、そのまま寝てしまったりすると摩擦で髪の毛が傷んでしまいます。ですからまずは乾かすと言う作業を面倒くさがらずに必ず行う事が大切です。特に夏場などは自然乾燥にしていてもすぐに乾くじゃないか、という声もあるかもしれませんが、それでもきちんと乾かす作業をする方が良いようです。ここでみなさんが面倒なのは長時間ドライヤーをあてることではないでしょうか。そもそもドライヤーの熱を長時間髪の毛に当てるのはそれこそが髪の毛の為に良くないじゃないか、という意見があると思いますし、それはもっともです。どうやって短時間のドライヤーで乾かす事が出来るか、ここにもポイントがあるようです。美容室 ヘアサロン 栄 カット カラー パーマ 人気 安い