スタッフの働きぶりは見られている

スタッフの働きぶりは見られている

美容室へやってくるお客さんは自分の担当美容師だけを見ている訳ではありません。例えばシャンプーの担当をしてくれるアシスタントさんの事も良く見ています。特にシャンプーと言うのは実は美容室へ行く楽しみの一つにしているお客さんはおおく、シャンプーの技術と言うのは実はお客さんの間でかなり評価の対象となっているものです。また受付の人の電話対応、雑務をこなしているアシスタントさんや見習いのスタッフさんと言う人たちの話し方や挨拶の仕方、先輩美容師との会話、などもお客さんは案外良く見ているのです。どんなに担当してくれた美容師が素敵な人であっても、その美容師が後輩美容師にたいしてとてもきつい言葉遣いをしていたら、おそらくその美容室に対して良い感情は抱けないと思います。その逆で見習いやアシスタントの人たちも生き生きと楽しそうに働いている美容室だと、たとえ担当してくれた美容師がごく普通の美容師であったとしても、とても良い印象を抱くことができると思います。美容室に入る時間と言うのは、その人にとっては自分からは何もできないでただ座って店内を眺めているだけの時間です。その時間内に見たくないようなスタッフ同士のやり取りを見てしまったり、耳を疑うような言葉を聞いてしまっては、どんなに良い美容師に担当してもらっても幻滅してしまう事でしょう。美容室にとって一番良い経営状態というのは常連のお客さんが単価の高いメニューをオーダーしてくれる事が続いていて、集客に躍起にならなくても安定してお客さんがいてくれるような状況だと思われます。そういう状況になって経営が安定してくると、スタッフの中ではちょっとした余裕の様な気持ちが芽生えてしまうかもしれません。良く言われている常連さんに対して冷たくなる、というような事態です。このお客さんは常連さんだから少々のことは許してもらえるだろう、といったような気持が出てきてしまうと、それはおそらくその常連さんにはすぐに見透かされてしまうと思われます。お客さんと言うのはおそらく美容師が思っている以上に細かい変化に敏感だと思います。いつもは自分の事は放置しないのに、今日は珍しく放置された、という事がいつまでも気になったりします。それが二度三度と続けば、自分は大切にされていない、という気持ちになったりするものです。ですから例え常連さんばかりになって経営が安定しているとしても、その状況に決して奢ってはならないのではないでしょうか。そういう状態だからこそ常連のお客さんをさらに大切にすることが大切でしょう。そうやって大切にしていけば、その常連さんが自ずと新しいお客さんを導いてきてくれるはずなのですからね。美容室 ヘアサロン 溝の口 カット カラー パーマ 人気 口コミ

 

http://jp.pg.com/