紹介される・紹介したくなる

紹介される・紹介したくなる

女性に良くありがちなのですが、良いものを見つけた時、お買い得なものを購入して手に入れた時、素敵な人に出会った時、そういう経験をした時には誰かにその事を話したい、という心理が働くものです。ですから美容室へ行ってみてその美容室の事や担当の美容師さんの事をとても素敵だ、と思った時には思わず知人に話したり自分のSNSでその事を書き込んだり、という事をしてしまうものです。この心理を美容室側は利用しない手は無いでしょう。お客さん自らが集客の一端を担ってくれるわけですからね。そういう風にお客さんに思ってもらうためにはそのお客さんにとってそのような魅力のある美容室でなくてはいけませんし、そこまでの満足度を与えてあげなくてはなりません。新規のお客さんであれば尚の事感動は大きいと思われます。またそのお客さんの話を見聞きした人にとってこれほど信用できる情報は有りません。実際に行ってみて体験した人の話ですから、良く解らないサイトの口コミとは信憑性が大きく違います。そしておそらく体験したお客さん本人から話を聞き、自分も行ってみたい、と思うに違いありません。その時に美容室側として大切なのは、その紹介されて来店したお客さんにも同じ様な感動を与えてあげなくてはいけない、という事です。「あの話は本当だったのだ」と思ってもらう事が大切ですよね。一度この美容室は良い、この美容師は信用できる、と思うとお客さんの心理としてだんだんとより単価の高いメニューをオーダーするようになってくるものです。例えばシャンプーだけではなくトリートメントを追加してみる、クレンジングもやってみる、といった感じで段々と一度に使うお金が多くなってくるのは自然なことかもしれませんね。それは美容室側が売上を上げる目的で薦めてくるケースとは違って、お客さん自らがその美容室や美容師を信用して「やってみようかな」という気持ちになるからなんですね。もしも営利目的のことばで美容師が紹介してくると、その美容室の評価は下がってしまう事でしょう。このように一度信用できる美容室、と認識するとよほどのことが無い限り、そのお客さんにとってはその美容室で行われる事すべてを信用したくなるものなのでしょう。この美容室ではお金を使うのを惜しまなくなるんですね。そういう常連さんになると逆に美容室の方もそのお客さんをとても大切にします。そのランクのお客さんに対してだけ行うサービスを設けたり、誕生月などの割引率が良かったり、といった具合です。細かいところでは予約なども優先される事もあったり、多少の無理を融通してくれたり、という事もあるようです。美容室 ヘアサロン 府中 カット カラー パーマ 人気 口コミ