色見本を過信しない

色見本を過信しない

美容室でヘアカラーをお願いしてカラーを決める場合、色見本を見ながら美容師と相談する事が良くありますが、多くのお客さんは色見本から選べば、その通りの色になる、と思っていますよね。だからこそ見本なんでしょう?と思うかもしれませんが、実際にはどんなに色見本を吟味してみた所で、その見本と全く同じ色になる、と言う事はほどんどない、と言っても良いかもしれません。それでは見本を見る意味が無いじゃないか、と思うかもしれませんが、そう言ってしまってはどうやって色を決めたらよいのか、という問題になってしまいます。どうして色見本通りに発色しないのか、というとそれはその人の地毛の問題だったり、それまでにどのようなカラーを入れていたか、というようなそのお客さん本人の問題があるんですね。色を塗った絵の具の上にさらに絵の具を塗るようなもので、色々とカラーリングをした髪の毛にさらにカラーリングをする場合、その色の落とし具合や入れ具合で微妙に色見本とは違った発色をしてしまいます。つまり美容師はその事を想定しながらお客さんの髪色をアドバイスしているはずなんですね。ですが美容師であっても想定できなかったようなケースも怒り得ます。色見本はあくまでも「こういった色を入れます」と言う事であってその通りの発色をするわけではない、という事を知識として持っておかなくてはいけません。カラーリングをする事は、いまやにほんじんにとっては当たり前のことになってきました。未だに金髪を問題視しているのは一部の職業だけであって、若い人たちは思い思いの髪色を楽しんでいるように思います。ですがおそらく散々カラーリングを楽しんだ人たちの中には「結局は日本人だから黒髪がいいな」と思っている人も多いのではないでしょうか。もともと日本人の瞳が黒い事から黒髪が一番似合う、とされているものです。やはり自然がいちばんだ、と思った頃には散々カラーリングを繰り返してきていて、元の地毛の色にする事が難しくなっている人もいることでしょう。日本人女性は黒髪がいちばん、という考え方を保守的だと思う人もいるかもしれませんが、もって生まれた日本人的な美しさ、というのはやはり人工的な美しさには敵わないような気がするんですよね。若いうちに一時期色々な髪色を楽しむのは悪くないと思います。ですが後になってこんなに髪を傷めてしまった、と後悔する人が多いのも確かです。カラーリングをするならば、黒髪に戻さなくてはいけない状況が訪れる事が解っているのであれば、その時期を見据えて計画的なカラーリングをする事をおすすめします。不要な脱色やカラーリングはただ髪を傷めてしまうだけです。人によっては真っ黒な髪色より少し明るめな方が似あう人もいるかもしれません。ですが外国人に対するコンプレックスの為に金色に染めたりするのは、本当はすべきではないような気がしますね。美容室 鶴瀬 美容院 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング