前髪の対処法

前髪の対処法

前髪のクセと言うのは何としてもきちんとスタイリングをして直しておきたいものですよね。毎日会う人にとってはその人の前髪の変化にはすぐに気が付きます。それがスタイリングを変えたのだ、と思われるのは問題ないかもしれませんが、寝癖では?と思われるのは印象が良くありません。ですがクセ毛のある人にとってはまるで寝ぐせのように立ってしまったりするクセ毛はとても厄介です。ですがなかなか朝からクセ毛を直す為にスタイリングに時間をかける事は難しい人が多いものです。ですから前日からクセ毛に対する対処をしておくことを習慣づけるとよいと思いますね。クセの程度によりますが、シャンプー後の乾かし方、または寝る時のちょっとした注意で前髪のクセをかなり抑える事が出来るようです。一つはドライイヤーで乾かす時に既にクセが抑えるようなスタイルに乾かす事です。そしてその前髪をキープするためにうつ伏せではなく、仰向けに寝る様に心がけるのが良いと言われています。それでも朝起きてみて前髪のクセ毛が戻ってしまっていたら、一からやり直すつもりで前髪を髪を洗った後のように濡らしてしまう事です。そしてくせが戻ってくる前にドライヤーでしっかり伸ばしながら乾かすと、割と早くスタイリングする事ができるようです。 前髪のクセを直す時にはドライヤーの使い方にもコツがあります。ひとつはドライヤーをかける前に濡れた髪の水分を出来るだけタオルで拭き取っておくことです。その時にもクセを伸ばす事を意識しながらタオルで髪の毛を挟んで水分をタオルにしみこませる感じで抑えながら拭き取ります。繰り返していると髪の毛が生乾き、と言う感じの状態になります。この状態にまでしてからドライヤーを使うとよいです。ドライヤーを使う時にも髪をまっすぐに伸ばす事を意識しながら使います。そしてドライヤーの当て方ですが、髪の毛の近くであてた方がより良く当たるだろう、と思っている人が多い様なのですが、その逆なのだそうです。すくなくとも15センチぐらいは髪の毛から離して温風を髪に当てます。あまりに熱風を近くから当てると逆にくせが出やすくなるのだそうです。まんべんなく伸ばしながら乾かしていって、それから気になるところを念入りに伸ばしていきます。クセの強い人ならすこしずつ髪を指で挟みながらあてていきます。そして温風を離してからも少しの間指で髪をはさんで引っ張った状態でキープするとまっすぐな状態がより強くキープされます。髪の毛は温かいとクセが出やすいようですから温風でまっすぐにするくせづけをしたら、そのまま冷ましてキープする、というのが基本のようです。ドライヤーを冷風に切り替えて使うのも一つの方法です。美容室 与野本町 カット カラー ヘッドスパ 白髪染め クーポン おすすめ ランキング