間違った使い方とダメージ

間違った使い方とダメージ

ドライヤーが髪の毛を傷める、というのは一部本当で、一部は本当ではない、と言えるのではないでしょうか。つまり間違った使いかたをすれば当然髪の毛は傷みますが、きちんと「髪の毛に良くない使いかたをしない」と言う事を守れば、ドライヤーは決して髪の毛に悪いと言う物ではない、と言う事を実証できると思うのです。悪いのは髪の毛に対して必要以上の熱を加えることです。つまりドライヤーで髪の毛に直接必要以上の熱を与えない、もしくは、熱を与える時には髪の毛自体に熱から守る対策をする、と言う事を守れば、ドライヤーを髪の毛に充てる事でのダメージは抑える事が出来るんですね。そのことを意識してドライヤーを使用する事が大切です、と言う事ですね。具体的にはドライヤーを使用する時には、髪の毛から一定の距離を置いて温風が当たるようにする事、もしくはあらかじめ洗い流さないトリートメントなどを髪の毛に塗布して熱から守る対策をしておくこと、と言う事ですね。シャンプーの後だけではなく、スタイリングの為にドライヤーを使用している人は特に注意が必要かもしれません。もともと乾いている髪の毛に対してスタイリングのために熱を当てる、というのは髪の毛に更なる乾燥をもたらす事になります。きちんと洗い流さないトリートメントで髪を守ることが大切です。ドライヤーを使って髪の毛を乾かす時には、どのような感じで乾かしていますか?良く見かけるのはドライヤーのスイッチを入れたら毛先から乾かしている状況です。 篠崎駅でアシスタントの求人を教育特にロングヘアの人はまず毛先を乾かしたくなってしまうのかもしれません。ですが一番乾かすべきなのは髪の毛の根元なんですね。一番頭皮に近い部分に温風が入るように髪をかきあげながらまずは根元を乾かすのが正解のようです。おそらく頭皮に近いところを乾かそうと温風を当てれば、どのぐらいの温度の温風が当たっているかもわかりやすいと思います。熱いと感じるぐらいだとドライヤーと髪の毛との距離が近い事になります。そんな時は少しドライヤーを遠ざけるとよいでしょう。そして根元の部分が乾いたならば順に毛先に向って乾かしていくとよいですね。キューティクルの流れから言っても根元から毛先へと乾かす方がキューティクルの開きに逆らわないのでダメージが少なくて済みます。ショートヘアの人であるならば、きちんと根元が乾いたころには毛先の部分も少し乾いてきていると思います。あとは自然乾燥でも大丈夫なぐらいまで乾いている事でしょう。しっかりと根元が乾いていればそのまま寝ても翌朝の髪の跳ねが少なくて済むはずです。温風で乾かしたら冷風に切り替えて、キューティクルを閉じておくことも大切な様です。