既存のお客さんが求めるスタイル

既存のお客さんが求めるスタイル

美容室に来店するお客さんの多くは、その美容室の事をもう行きつけの美容室として認めている人が多いものです。そんな人たちにとってガラス張りの中で施術を受ける、というのはどんな気分でしょうか。おそらくそんなに居心地の良いものではないのではないでしょうか。もしくはそもそも人に見られようが全く気にしない、という人かもしれません。つまり中で施術を受けている常連さんたちにとってはガラス張りの空間であることは別に魅力的ではない、と言えるのではないでしょうか。それよりももっと落ち着いた空間が良い、と思っている人もいるかもしれません。ガラス張りであることは確かに店内を明るくしますが、例えば雨の日はどうでしょうか。雨が降ってどんよりしている風景を眺めながら施術を受けるのは、そんなに気分の良いものではありませんね。ましてや風が強い日などはガラスがガタガタ音を立てたりするのは、気持ちの良いものではありません。つまりガラス張りするメリットの大半は美容室の集客という面においてと、外の通りを歩く人の為だといえるのではないでしょうか。肝心な既存のお客さんにとって心地よい美容室でなければ、本当の意味でお客さんを大切にしている、とは言えなくなるかもしれませんね。既存の美容室のお客様たちは、どんな空間を求めて美容室に来ているのでしょうか。多くの人の声として美容室に求める空間はリラックスできる空間だと言われています。もしくは非日常的な雰囲気、特別な時間を過ごせる場所、といった類の事です。これらはもしかしたら多くの美容室が採用しているガラス張りの明るい空間とは違っているかもしれません。ガラス張りにしていると確かに明るくてオシャレですが、外の通り、つまり日常生活を直視することになる空間だとも言えます。それよりもそんな日常をシャットアウトしてくれるような、もう少し閉鎖的な空間の方が落ち着くかもしれません。外観も「いかにも美容室」という感じではなくて、少し落ち着いて中が見えないような外観の方が、なんとなく「特別な場所」という感じを醸し出す事が出来るかもしれません。逆にガラス張りの美容室に対して快く思っていない人も多くいるようです。みっともない姿が外から見られるのは嫌だ、という意見も多いですし、何となく見られている様で落ち着かない、と思っている人も多いのです。一度ガラス張りの美容室を作ってしまったら、その後リフォームするのは大変です。その外観で本当に良いのか、お客さんに満足してもらえるか、という事を開業する前にはリサーチしておく必要がありそうですね。美容室 ヘアサロン 二子玉川 カット カラー パーマ 人気 予約