髪の毛によくない飲料

髪の毛によくない飲料

飲料と言うのは甘いものが多いですよね。疲れると甘いものが飲みたい、とか、夏の暑い日には炭酸飲料が飲みたくなるものです。ですがこれらの当分の多く含まれている飲料ばかりを飲む事は髪の毛にとってはよくない、とされています。これは糖分自体が髪の毛に良くない、という事よりも、糖分を分解するには大量のビタミンが消費されてしまう、という事が原因の様です。そもそもビタミンは髪の毛を作る重要な要素です。そのビタミンが糖分を分解する方に消費されてしまっては、髪の毛栄養分として妻われるビタミンが減ってしまいます。糖分を多くとればとるほどビタミンが消費されるので、その分ビタミンも多く摂取すればよい、という事になるかもしれませんが、食生活においてはそうやってバランスを取るのはとても難しい事です。それよりもできるだけ飲料で糖分を摂取する事を控えた方が良さそうです。ですがまったく甘い飲み物を飲まない、というのも不可能です。糖分も体にとって不必要なものではないのですから適度な摂取を心がける事が大切でしょう。ビールや日本酒にも糖分が含まれている事で知られています。ですから当然飲み過ぎは体にも髪の毛にも悪い、という事になりますが、これも過剰摂取しなければ問題は無いと思われます。髪の毛の健康のために食事に気を付ける、という事があるかもしれませんが、では飲み物に関してはどうなのか?という事も考えた方が良いかもしれませんね。おそらく多くの人は仕事の途中で何か飲み物を飲んだり、飲酒が好きな人はそれが髪の毛にとっては良いのか悪いのか、という事も気になる所でしょう。髪の毛に良い栄養としてタンパク室、ビタミン、亜鉛などが挙げられていますから、普通に考えるとそれらの栄養素を含む飲物であれば、それは髪の毛にも良い、という事になるかもしれませんね。たとえばココアとかワイン、といった飲み物はポリフェノールが含まれている事で有名です。このポリフェノールは抗酸化作用がある、と言われていて、活性酸素をを取り除くと言われています。この活性酸素と言うのは肌の酸化の原因を作ると言われていて、肌の一部分である頭皮にとっては害になる物です。この活性酸素をポリフェノールの抗酸化作用で取り除くことができる、という点では美髪にもつながりますね。また野菜や果物の天然果汁が含まれている飲物にはビタミンが含まれています。特に緑黄色野菜に含まれているビタミンAは頭皮の健康に良い影響があると言われています。他にもタンパク質がとれる飲み物としては大豆から出来ている豆乳があります。発酵製品で乳酸菌もふくあまれている甘酒は美髪ばかりかそのほかの美容にも良いとされています。美容室 ヘアサロン 綱島 カット カラー パーマ おすすめ 安い