髪色による印象

髪色による印象

出会った人が魅力的な人かどうか、というのはほとんど第一印象で決まる、と言われています。その第一印象を決定づける大きな要因はヘアスタイルだと言われています。確かにその人を思い出して説明しようとするときには、多くの人がまずその人のヘアスタイルを思い出します。ショートヘアだったかロングだったか、パーマをかけていたかどうか、などヘアスタイルについてはみなさんよく覚えているものです。そしてその一つの要素にヘアカラーがあります。髪が何色だったか、というのは結構その人の印象としてよく覚えています。そしてその髪色によっては、髪の毛が何色だったか、と言う事だけでその人の性格や生活ぶりまで想像してしまう場合も有ります。良くありがちなのは、金髪にしている人を見ると、それだけで結構派手な人である、と言うイメージを抱いていませんか?逆にまったくカラーリングをしていない地毛の髪色の人、もしくは黒染めにしている人をみると、なぜか真面目なイメージを抱いてしまう事はよくあるでしょう。これだけカラーリングをする事が珍しくなくなった時代においても、未だにそのイメージが消えないのは不思議ですよね。就活を控えた学生たちが一斉に黒髪にそめたり、その時期のために地毛の色に戻すようにするのも髪色の意識しての事でしょう。ヘアカラーを失敗してしまった、という話を良く聞きますが、ヘアカラーはそんなに失敗しやすいものなのでしょうか。ヘアカラーの失敗を経験した人に「何を失敗したのか」と聞いてみると良くあるのが「思っていた色とは違った」とか「この色は似あわなかった」という色に関する失敗なんですね。つまり最初に髪色を選ぶ段階でもっと慎重になっていれば防ぐことが出来た失敗であるケースが殆どだと言われています。もちろん時には美容師の技術不足だった、と言う事もあるかもしれませんが、多くの人が自分に合ったヘアカラーを選ぶ段階で失敗していると言えるようです。そして髪色と言うのは自分の顔の印象を大きく左右しますから少しの髪色の違いがものすごく大きく印象を変えてしまう事もよくあるものです。金髪にして自分ではこれで良かった、と鏡を見て思っていても、周囲から見たら「遠目に見ると髪が薄くなったように見える」と言われた、というような失敗例も有ります。金髪で活発な印象を出したかったのに、いざ金髪にしてみると周囲からは「顔色が悪く見える」と言われてしまうケースも有ります。つまり似合っていない髪色であった、という失敗になると思うんですね。ですからヘアカラーをする時にはヘアスタイルを選ぶ時以上に慎重にならなければいけない、と思いますね。大宮 美容室 カット カラー パーマ デジパ メンズ 口コミ