行ける時にトイレに行く

行ける時にトイレに行く

美容師として働き始めて、良く体調を崩す人が出てくる様です。多くの人は中途半端な姿勢による腰痛だったり、水や薬剤を常に使う仕事なので手荒れが起きてしまう、といった悩みを抱える様なのですが、知られていない所で「膀胱炎になりやすい」と言う事があるようです。特に女性の美容師には多いようです。もともと膀胱炎は排尿を我慢してしまった事によって引き起こされることが多いものです。美容師はお店が開いている間には思った時にトイレに行く事も出来ないのだそうです。もちろんデスクワークをしている様な会社員でも同じような状況になることはありますが、美容室ではお客さんの施術の途中でトイレに行く事は当然できませんし、上下関係も厳しいので先輩に迷惑をかけるようなタイミングでトイレに行く事も避けなくてはいけない雰囲気があるようです。自分で「今なら誰にも迷惑をかけない」と言うタイミングで行くしかないわけですね。ですが生理現象ですから自分が思った通りにはいかないときも有ります。ついつい我慢してしまって膀胱炎を引き起こしてしまう美容師は少なくないようです。一度かかってしまうとくせになって何度も罹りやすくなる、とも言われていますから、美容師の皆さんは気を付けているようですね。多くの美容師たちが言うには、美容師は男女問わずなかなか出会いの場が無い、という事です。たしかに土日は休みではないし、仕事が終わるのは深夜近く、と言う人が多く、それではちょっとした合コンなどに参加するのも難しい状況かもしれませんね。ですから美容師のカップルというのは同業者が多いようですね。同じ美容室で相手に巡り合えた、と言う人もいれば勉強会やセミナーで出会って、と言う人もいるようです。一見出会いの場が少ないので残念そうにも思いますが、それだけ特殊な働き方をしていると、他の業界の人からは理解してもらえない生活スタイルもあるようで、なかなか会えないとか連絡が取れない、など恋人や配偶者から不満を言われる事もあるようです。ですから案外同業者と付き合ったり結婚したりする方が、互いの生活や日頃の苦労を理解しあえるので良いのかもしれません。多くの美容室ではお客さんとの恋愛を禁止しているようですが、出会いの少ない美容師にとってお客さんに声をかける事を禁止される、というのは、せっかく出会いの場があっても声をかける事が出来ない、と言う状況となります。常識を逸脱しない程度であったり、決してお店に迷惑をかけない様に秘密にしておくのであれば、お客さんとの恋愛もありのような気がしますけれどもね。調布 美容院