話をしたいタイプのお客さん

話をしたいタイプのお客さん

会話をあまり好まないお客さんがいる一方で、美容師との会話を楽しみたい、と思っているお客さんも多いものです。お客さんにとって美容師との会話が楽しいものになれば、美容室で過ごす時間は格段と充実したものになります。ただの待ち時間がとても楽しい会話の時間になるんですね。おそらく会話の弾むお客さんの中には指名してくれる理由が会話が楽しいから、と言う事も良くあるのではないでしょうか。ただ「美容師と話をしたい」といってもそこでも色々なタイプのお客さんがいて「自分の話を聞いてほしい」と言うお客さんと「話を聞かせてほしい」と思っているお客さんがいると思うんですね。お客さんと話が弾む、と思っていても、実際にはお客さんが話したがっているのにさえぎってしまっていたり、逆にお客さんが無理して話をしてくれている感じであったりすると、お客さんの方は段々と疲れてくると思うんですね。お客さんが話したがっているのか、聞きたがっているのか、と言う事を見極める事も美容師とお客さんのトークでは必要になってくると思うのですね。良く言われるのは会話が楽しい、と思わせるには聞き上手になることだ、と言う事が言われていますが、まさにその通りかもしれません。話が聞きたい、と思っているお客さんならおそらくたくさん質問をしてくるはずです。その質問に快く応える事も聞き上手の一つではないでしょうか。会話をしたくない、と思っているお客さんに対して美容師が無理矢理話しかける事は辞めた方が良いですね。お客さんにとっては一気に自分の苦痛な事を強いられる空間となってしまいます。おそらくお客さんの方も「話しかけないで」という雰囲気を出しているものと思われます。スマホばかりを見ている、熱心に雑誌を読んでいる、寝ているように見える、といった仕草は、柏駅で求人の美容院は業務委託と自由出勤美容師に対して「話しかけてほしくない」という意思表示だと思った方が良いでしょう。だからといってその美容師の事を嫌っている訳でも避けている訳でもないと思います。特に指名してくれたお客さんであれば、そのテクニックや接し方を気に入っているからこそ指名をしてくれているのですから、話が弾まないからと言って美容師が気にする必要はないんですね。カウンセリング以外の所でほとんど会話をしなかった、と言うケースがあっても良いのだと思います。最近の美容室ではお客さんへのサービスの一環ととしてお客さんと楽しい会話をする、と言う事がもりこまれているようですが、お客さんによってはそれが有難迷惑であることも大いにあり得ます。美容師の方が必要以上に会話をしない事を気にする必要はないのではないでしょうか。静かにリラックスして過ごせる環境を求めているお客さんも多いものです。